一日の始まりは、午前零時からだ。
だから私は、いつも零時に起きるようにしている。
私たちにとって、時間の流れは切っても切り離せない存在。
だから足並みを揃えていた方が、何かと都合が良い。