物語に出てくる登場人物は、全員が何かしらの役割を演じている。
誰もが必要な役割で、必要のない人間は一人もいない。
物語に限らず、現実の世界でも、それは同じなのかもしれない。
私にもいずれ、私の役割が見つかる時が来るだろう。