論文だろうが小説だろうがエッセイだろうが、好きなだけ書くことができた。
意識しなくても次々と文章が浮かんでくるので、それを書き記すだけで良い。
そんな私が今、たった数文字を書く為に、もう何ヶ月も費やしている。
我が子の名前ってのは、小説の登場人物を名付けるようには行かないらしい。