ずっと遠くから眺めているだけで良いなんて、幻想だった。
もっと近くにいて、たくさんのことを知るべきだったのだ。
想像だけが膨らんで、勝手にあの人を、私の理想の人に仕立て上げていた。
本当は見た目以外、何もかもが私の理想と正反対の人だったのに。