どうしてこの宇宙ができたのか、その理由を問うようなものだ。
初めからそこにあったのだから、理由なんてない。
存在する理由がないのだから、消滅する理由もまた存在しない。
誰にも気づかれることなく、いずれひっそりと、消えゆく運命なのだ。