あいつはいつだって、仲間内では誰よりも速く駆けていた。
運動会だろうと何だろうと、常にあいつが一番速かった。
だからこそ、いかにもあいつらしいなと思った。
人生を駆け抜けるのも、仲間内で誰よりも速かったのは。