この世は、見えない無数の歯車で形成されている。
私も、私の周りのみんなも、全てがその歯車の一つ。
自分の歯車は必ずどこかの誰かの歯車と噛み合っている。
だから真に孤独な人間は、一人もいないのだ。