あいつは俺を庇って命を落とした。
恩を返したいけれど、それはもうできない。
だから、いつかは俺も、誰かを庇って死のう。
それがあいつの死に報いることになると信じて。