全く先の読めない展開に、息をつく暇もない。
一秒先の未来すら、一ミリも予想することができない。
そんな波瀾万丈の人生を、俺はずっと生き続けている。
事実は小説より奇なりと言うが、俺の現実はまさにそんな感じ。