本当に大切なものは、当り前のように身近にある場合が多い。
失って初めて、それが大切なものであることに気づく。
失わないために、大切でないものまで手元に残すようになる。
だから人は、捨てるのがとても下手な生き物なのだ。