この勝負、勝ったところで得るものは何もない。
その代わり、たった一度でも負ければ全てを失う。
それなのに、どうして私は勝ちにこだわり続けるのか。
私はいったい何を欲しているのだろう。