あそこでは誰もが、個性に溢れていて、みんなから愛されている。
僕もその輪の中に入れたらなって、ずっと思っていた。
でも残念ながら今の僕たちには、次元の壁は越えられない。
この三次元の世界も、みんながみんな、愛されキャラになれたら良いのに。