人間は考える葦であると、かつて誰かが言った。
ならば私は、さながら支える足と言ったところか。
私はいつでも、あなたを支えられる準備ができている。
休みたい時も仕事をしたい時も、遠慮なく私に腰を下ろすが良い。