双子の入れ替えトリックみたいなのは、小説でよく見かける。
しかしそれを現実にやられるとは、予想もしていなかった。
どうりで時々、思い出の共有に齟齬があるわけだ。
だいたい三つの思い出につき二つは、話が噛み合わなかったのだ。