薄くも太い、長い一本の線が、やがて円に形を変えていく。
風の流れに少しだけ逆らいながら、主人の意のままに、主人の守りにつく。
円からはみ出た線だけが、風の意に従っている。
再び桜の季節がやって来るまでは、彼は主人の傍を離れない。