本人は極めて平和主義者だが、戦士たちへの労いは惜しまなかった。
争いは何も生まないと嘆きつつも、傷つく兵士たちを手厚く看病し続けた。
そんな彼女だからこそ、真の平和をもたらすことができたのかもしれない。
ただ、できることなら彼女が生きている内に、平和な世界を見せてあげたかった。