ここ数年、我が村では凶作が続いていた。
だから今年は、今までの何倍も濃厚に精を出し、また大地の神にも祈った。
その甲斐あってか、今年は久しぶりに大豊作の年となった。
人事を尽くした結果か、天命のおかげなのか、それは誰にも分からない。