私なんて、その他大勢の中の一人にすぎない。
私一人だけに特別な価値を求める人なんて、どこにもいないだろう。
それでも私は、変わらずにここにいる。
山となるための、一粒の塵として。