生まれたばかりの頃は、一年という時間がとても長く感じた。
年齢を重ねるごとに、段々とその感覚が短くなっていった。
実際、十歳の一年と五十歳の一年では、長さが五分の一に感じるらしい。
つまり今の私は、一年の長さが十歳の頃の千分の一に感じるということか。