自分で書くのが面倒になり、人工知能に日記や小説を書かせることにした。
人工知能なら、私が書くよりも圧倒的な早さで量産できる。
しかし出来上がったものを見て、失敗したなと思った。
次は、ゼロと一だけで書かないように学習させてからにしよう。