「君は何を支えに生きているの?」と質問されたことがある。
そんなこと、考えたこともなかったから、その時は答えられなかった。
でも今なら、はっきりと答えられる。
二本の足で立っていられれば、それだけで十分なのだと。