どんなことにもセオリーがあり、セオリーを破るのも一つのやり方だ。
でも、セオリーってのは、守られる為にあり、破られる為にある。
だからあえてセオリーを破るのも、やはりセオリーの内なのだと思う。
どんな破天荒なやり方であっても、結局はセオリーの内側ってことなんだろう。