真実を知る権利は誰にでもある。
もちろん、権利を放棄することだって自由だ。
知るということは、闇に触れる可能性もあるということでもある。
私は、知らないままの方が幸せって言葉が、嫌いじゃない。