私だって芸術家の端くれとして、優れた作品を生み出したい思いは人一倍ある。
たぶん、本当に優れた作品には、説明など何も必要ないのだ。
一目する、ただそれだけで、優れていることが素人でも分かる。
私の作品もいずれはそうなるのだと、いつもみんなに説いている。