どんな手を使ってでも勝ちたかった僕は、あらゆる卑怯な手を迷わず使った。
そして僕は勝利を手にしたが、当たり前のように世間からは散々非難された。
正直なところ、僕は本当に自分が勝利したのか、よく分からなくなってしまった。
こうまで誰からも称賛されないと、全く勝った気がしない。