彼はずっと、死に場所と死に方を探している。
彼にとって、生き方を学ぶことは無価値だからだ。
どうせ何も学ばなくたって、死ぬまでは生き続ける。
彼にとっては、そこが悟りだったのだろう。