私はいつも寝ているとき、夢の中でとても贅沢な暮らしをしている。
使用人なんて一人もいなくて、六畳一間の狭い部屋での慎ましい独り暮らし。
たぶん一般的にはごくありふれた生活なのだろうけど、私はとても充実していた。
起きたらまた、たくさんの使用人に囲まれ、屋敷から出られない一日が始まるから。