「なーなー、ジャンケンしようぜ。いつも通り、負けたら一億円な」
「はいよ。ジャーンケーン、ポン! はい、俺の勝ちー」
「マジかよ……これで俺の溜まってる負け分、百億超えたじゃん……」
果たしてこのとんでもない大金は、いつか払われる日が来るだろうか。