いつ目が見えなくなっても良いように、点字を覚えておいた。
いつ声が出せなくなっても良いように、手話を覚えておいた。
私は常に先のことを考えて、必要な備えを怠らないようにしている。
もちろん、いつ死んでも良いように、棺桶もちゃんと用意してある。