酒が好きで、とにかく手元にあると、あるだけ飲んでしまう。
浴びるように酒を飲み、そのまま寝てしまうのが日課だった。
その日課の中で、俺のような人間がやるべきではないことを、二つ学んだ。
死にたくなければ、酒の箱買いと二日酔いの迎え酒は、絶対に避けるべきだ。