毎年、初日の出を見に行こうとして、寝過ごしてしまう。
だから今年こそは、絶対に見に行ってやろうと思った。
寝過ごさないために、大晦日はお昼頃からずっと睡眠を取っていた。
それなのに、起きたときには元旦の朝を迎えていた。