その時計台の下には、とんでもない秘宝が眠っているらしい。
しかし誰一人として、その秘宝を取ろうとはしない。
まあ、絵の中に入ることはできないのだから、それも当たり前だ。
たとえ一休さんでも、この秘宝は取り出せないだろう。