月は、太陽がいるからこそ、明るくなれるのだ。
今の私があるのも、あの子のおかげ。
彼女が私を照らしてくれなければ、ずっと暗いままだったろう。
だから、私にとって彼女は、眩しいくらいに輝く太陽なのだ。