私は生前、ずっと下っ端として奴隷のように働き続けていた。
過労で死んだ後、私の真面目さが評価されて、神になることができた。
そして私は長い時間を、一番格下の神として過ごすことになった。
人間でも神でも、私は下っ端の運命から逃れられないようだ。