何回やっても、正しい答えに辿り着かない。
お手上げだった僕は、知り合いの学者先生に相談した。
今回も例に漏れず、先生の一言は僕に天啓をもたらした。
「もし、その答えが、実は正しい答えだったとしたら、どうだい?」