武器を捨てて人質を解放しろ、しなければ撃つと、再三呼びかけた。
でもあいつは、躊躇することなく、人質に刃を突き立てた。
自分が撃たれることなんて、あいつにとっては何でもないことだったのだ。
自分の命よりも、憎き相手に復讐することの方が大事だったから。