いかなる敵からも身を守れる、最強の助っ人を雇った。
一個大隊が来ても敵わないほどの強さを持った、文字通りの最強。
ただ、彼らは分かっていなかった。
最強の助っ人は、最強の敵もあったということを。