「段々と寒くなって来たね。空気が冷たくなって来た」
「こういうときは裸になって暖めあうと良いんだよ。試しにどう?」
僕がそう言った直後の彼女の視線は、一生忘れることはないだろう。
あの凍てつくような視線を浴びたとき、僕の体はより一層寒くなった。