この工場は、紛れもなく世界一の広さを誇っている。
工場内であっても、移動にはカートを使わなければならないくらいだ。
何千万という行程を、何万もの人間が従事して、一つの製品を作っている。
自分の持ち場以外でどんな作業が行われているか、把握している人はいないだろう。