一度だけで良いから、大富豪になりたかった。
しかし運も実力もない僕には、雲の上のような願いだった。
でも、そんな僕を周りのみんなは不憫に思ったのだろう。
明らかに分かる接待プレイによって、私は大富豪になることができた。