何だかんだとありながらも、結局は此処一番を確実に決める。
それができるから、あいつは凄いのだ。
いつも自信満々なのも、その裏付けがあるからこそ。
普段はただの冴えない男だが、彼以上に頼れる人を、僕は知らない。