決して勘が鋭い方ではないのだが、ここ一番の直感は、外れたことがない。
僕の直感のおかげで救われたと、友人に感謝されたこともある。
嬉しいことではあるが、反面、ちょっと困っていることもある。
僕自身には、いつがここ一番なのかを見極める力がないのだ。