はたして僕たちは、対等な関係なんだろうか。
こっちはそう思っていても、向こうも同じ考えかは分からない。
その時点ですでに、対等とは言えないのかもしれない。
それを素直に聞き辛いという点でも、既に。