友人の爪はとても鋭く、正直、そこらのナイフよりもよっぽど切れる。
だから僕たちはいつも、ナイフで切れないものがあるときはあいつを頼る。
少なくとも今まで、あいつの爪で切れなかったものはない。
あいつはもしかしたら、将来あれで生計を立てていけるかもしれない。