山奥での独り暮らしに慣れたら、孤独を寂しいとは思わなくなった。
毎日が平穏無事に過ぎる、それだけで十分に満たされている。
そもそも、孤独であるという感覚が、今の自分にはほぼない。
自然との一体感の前では、そんなものは些細なことに過ぎないのだ。