この約束だけは、どんなことがあっても守る。
たとえこの身が朽ち果てようとも、守るのだ。
もう体中がボロボロだけど、歩みを止めるわけにはいかない。
約束の大地へ、這ってでも進むのだ。