その伝説の剣は、勇者じゃないと抜けないと言われていた。
事実、誰一人として、その剣を抜くことはできなかった。
しかし、誰一人として、その事実を嘆くものはいなかった。
勇者など現れなくとも、世界は平和そのものだったからだ。