彼はいつも、飽きずに何時間も、夜空を見上げている。
そして時々、思い出したようにつぶやく。
「あっちの方に、僕の生まれた故郷があるんだ」
満天の星空というのは、人を夢想家にするものなのだろうか。