運も実力も才能もなくても、それを諦める必要はない。
何もないということは、失うものもないということなのだから。
もがいてあがいて、愚直に進み続けていれば良い。
奇跡が、奇跡じゃなくなるまで。