みんなが汚れるくらいなら、私が汚れた方が良い。
私はいくら汚れても構わないから、みんなにはキレイでいてほしい。
そんな願いを込められて、私はこの世に生まれた。
ボロボロになって捨てられるその日まで、私はどんな汚れでも背負う。